秋の母の気持ち

中学受験

秋も深まり、長雨からも解放され、陽の光が温かい秋

しかし、母の心はちっとも温まりませんでした

玉砕ですが、いかがしますか?

毎月のようにやってくる模試

週に二回の過去問

そのどれもが「算数と理科が玉砕ですが、いかがしますか?」と迫ってきます

第一志望校、第二志望校が明確になるにつれ、息子なりに頑張っていたことは間違いありませんでした

もちろん、もっと頑張っているお子さんからしたら、足りなかったかもしれません

でも、この時、彼はできる限りの努力をしていたと言いきれます

けれど、模試や過去問で形となって返ってこない成果を握りしめるたびに、息子よりも私のほうが心が壊れそうでした

そんな中で10月になり、ほぼ週5の塾にも慣れてきた息子でしたが、学校も容赦はしませ

6年の学習発表会は劇で、息子は大張り切り

いやいや、張り切ってる場合なのか?台本を覚えるより、君は勉強だろ?と思う気持ちをこらえて、息子を見守ります

他にも、クラブの引継ぎ(部長でした)、委員会の招集(6年生の仕事)などがあり10~11月は日々を忙しく過ごしていました

このころ、朝の5時に起きてゲームをするスタイルも完全確立し、6時からエネルギー全開で勉強

特に朝の勉強は目に見えてスピードアップし、内容も濃くなった反面、10月の模試、11月の模試でも思っていたような算数と理科の結果は得られませんでした

もう、ダメなのかな?

10月の終わりにチャレンジ校を断念し、2校に学校を絞り込んだ我が家でしたが、早くも私の気もちにはブレが生じていました

4教科偏差値で辛うじて第二志望校の1回目に手が届いているものの、息子の受験校は2校とも理社の配点が低かったからです

算数が致命的な今の状況で、果たしてこれでいいのか?と思っていたころ、塾の面談で衝撃的なことがありました

「お母さん、今日はちょっとショックを受けるかもしれないことを話します」と切り出され、私は『え?志望校の変更かな?……それも仕方ないよね』と、ドキドキしていました

すると「実はA先生が『もう息子くんの算数を伸ばせる気がしません。ちっとも出来るようにならないんです』と訴えてきまして」

その言葉に、私は自分の顔から血の気が引いていくのが分かりました

あぁ、やっぱり。私だって息子の算数がダメだと分かっていたけど、ついに先生からも言われちゃったんだ、と涙が出そうになりました

先生は私を鼓舞するように少し大声になり「お母さん、聞いてください。ぼくはA先生を怒りました。『じゃあ、諦めるのか?お前じゃなくて、誰が教えるんだ?』と」

黙ったまま聞いている私に向かって先生は、こう続けました

「A先生は『息子君は、国語と社会はとても良くできるんです。だから、算数も理科もできるはずなんです。なのに、どうしても、伸ばせなくて……悔しいです』と

それから、僕に向かって『でも、諦めません!すみませんでした!!』と言ったんですよ」

それから言葉をきって、いつものように笑って、私に言いました

最前線で戦う息子くんと一緒に、僕ら講師も戦っています

お母さん、今日は志望校の話でいらっしゃったんですよね?

絶対に諦めないでください

僕らと一緒に最後まで戦いましょう」

先生の前でしたが、涙が出るのを抑えきれませんでした

息子を信じるとかカッコいいこと言ってるのに、私は戦うことを放棄することばかり考えていたからです

大きな壁にチャレンジしようとしている息子を低い壁に誘導し、楽な道ばかり選ばせようとしていました

でも、それは息子の願いじゃなくて、私の願いだったと気が付きました

心は決まった、後はやるだけ

この時すでに公立中の越境申請も済ませており、背水の陣をしいた形となりましたが、不思議と晴れやかな気持ちだったのを覚えています

この後は私も志望校に関してはブレなくなり、1月末、受験の前日に不安に襲われるまでは息子と塾の先生方を信じて過ごすことが出来ました

成績は全く上がってこない秋でしたが、母の気持ちだけは本当に上下していましたね

ところで、A先生はこの後の個別で息子に謝ってくれたそうです

「お母さんから聞いたよね?ごめんね、先生が諦めるなんて言って」

しかし、私から何も聞いてなかった息子はキョトンとしてこう答えたそうです

「よくわかんないけど、先生、ぼく、諦めないです。だから、先生もぼくと一緒に頑張りましょう!」と

その言葉にA先生は半泣きで笑って「おう」と返事をしてくれたと

最後の最後まで息子の算数が目に見えるものとなって返ってくることはありませんでしたが、最後の最後までA先生は寄り添ってくれました

息子のためにいろいろと考え、受験の当日まで様々な策を練ってくださったことを今でも忘れることが出来ません

本日も最後までお読みくださり、ありがとうございました!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へにほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へにほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました