コロナワクチン始原図(日本の場合)

スポンサーリンク
星読み
スポンサーリンク

コロナワクチンの3回目も医療従事者の方を中心に接種が始まりました。
今回は3回目ということで、ワクチンの日本の始原図を読んでみたいと思います。

ですが、国産のワクチンはまだありませんのでどこを始原図にすべきかが悩みどころ。

調べ続けて、はや一週間。以下の記事から日時を決定しました。

https://mainichi.jp/graphs/20210217/hpj/00m/040/001000g/1

この記事によれば2021年2月17日(午前9時)ということです。

緊急承認なので短期間と考え、始原図ですがオーブは一度に限定。
小惑星は癒しの星であるカイロンと、6ハウスに居住したヴェスタの二つを採用しています。

ホロスコープはこちら

ASCとMCを使用するかは悩ましいところなんですが、MCがまさかのノーアスペクト
政府主導の姿が浮かび上がらないホロスコープとなりました。
アスペクトは少なめに感じますね。

アスペクト

太陽と月のセクスタイル
太陽(主権者)と月(民衆)はセクスタイル。政府でないので、ここでの太陽(主権者)は厚生労働省と見ることができます。
緩やかなワクチンの拡大を目指すとは、なんというか日本らしいアスペクト。
太陽は11ハウスで、これも省庁を表しているように考えられます。

土星と天王星のスクエア
今年頻出のアスペクトがここでも出現。
1ハウス(国民)の天王星が、10ハウスの土星とアスペクトを組みます。
変化を望む民衆と、権限(順番)をしっかりと守りたい10ハウスの対立ですね。
打ちたいから打つではなく、医療従事者から、そして高齢者へと順序だてる姿が見えてきます。
でも国民は変化を望むというループ。

冥王星とASCのスクエア
これもわかりやすい。変化を望むものの国民はドキドキ感が強い様子です。
10ハウスに冥王星なので、接種を推進する側も手探りなのがうかがえます。
これも上記のアスペクト同様スクエアなので解決すべき問題としてワクチンについて回ります。

小惑星について

土星とカイロンのセクスタイル
カイロンの位置は12ハウス。秘密のハウスに在住しているのは少し気になりますね……。
土星は権限を持って、癒しの星とアスペクトを組んでいます。癒しを管理する土星の姿と見ることも出来て、なかなかに複雑。気になるけれど、読みにくいアスペクトです。

ヴェスタ
唯一、6ハウスという健康を示すハウスにいるヴェスタ。大まかな意味は義務、献身、忍耐……。
あんまり健康的でない感じがあり、緊急承認らしさがにじみ出ています💦
ちなみに6ハウスのカスプはおとめ座。ルーラーは水星で10ハウス。
国家が国民の健康に関与するというあたりが今回のコロナワクチンらしさを現していますね。

まとめ

打っていくよー、と厚労省も国民も両方とも緩やかな思いはある。でも、無計画感がスゴイです。
カイロンの位置とアスペクトだけは読みきれず、次回への課題にしたいと思います。
それにしてもこの始原図から現在の接種率に至ったことを考えると、日本スゴー(*゚∀゚)

タイトルとURLをコピーしました